倍額で売れます

読売新聞 2009年2月25日水曜日の記事より
 
【太陽光電力 倍額で売れます】
家庭や企業の余剰分
電力会社に購入義務
 
経済産業省は24日、家庭や企業、学校が
太陽光を利用して発電して余った電力について、
電力会社に買い取りを義務付ける新制度を
導入すると発表した。
電力各社は現在、自主的に余剰電力を約24円
(1キロワット時当たり)で購入しているが、
価格を約2倍に引き上げて10年程度の長期
買い取りを義務づける。
余剰電力の販売で設備設置費用の負担を軽減して、
普及を促す。
 
政府は早ければ2010年度の施行を目指す。
政府は1月から、家庭用の太陽光発電設置に
1世帯あたり21万~25万円程度を補助している。
経産省の試算では、一般的な家庭で、
国や地方自治体の補助金を活用し、余剰電力の
販売収入を見込めば設置費用を約10年で
回収することも可能だという。
 
ただ、電力各社は、買い取り費用のコスト増を、
一般の電気料金に転嫁する見通しで、
1か月の電気代は標準的な世帯で
数十円~100円程度、値上がりする。
政府や電力会社が、電気料金の値上がりに
どう理解を求めていくかが課題だ。
 
J-PEC 太陽光発電普及拡大センター
(有限責任中間法人太陽光発電協会)
Japan Photovoltaic Expansion Center
住宅用太陽光発電電導入支援対策費補助金
 
 
kayanonn6.jpg
イメージキャラクター かやのん♪

カヤノキ建設は、新築、注文住宅、注文建築、増改築、
リフォーム、リノベーションなどを
手がける建築業免許を有する総合建築会社です。
こだわりの住まい造りに貢献します!
ご用命は是非カヤノキ建設へ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です